SSブログ

糖尿病 チョコレートのお話

スポンサードリンク




糖尿病が発症する代表的な原因のひとつとして、糖質の過剰摂取による
高血糖状態の長期間の継続、というものがあります。

その代表的な糖質の多い食べ物として例に挙がる、“チョコレート”の
ことについて少し述べてみたいと思います。

 

チョコレートと糖尿病の相性は?

 

わたしのチョコレートに対して持っていたイメージはこんな感じです。

 

  • 高カロリーな食品である
  • バレンタインの主役
  • とにかく甘いものが多い
  • チョコレートは太りやすい
  • 血糖値を急激に上げる危険な食べ物
  • 遭難時、低血糖症の時は非常食として急速なエネルギー源になる

 

といったイメージです。


そんなチョコレートですが、ここ最近のとある研究結果があるそうです。
それによると、

 

  • カカオパウダーの主成分、ステアリン酸は低カロリーである
  • カカオ豆から抽出したプロシアニジンに寿命を延ばす効果がある
  • 糖尿病、動脈硬化、がん、脳卒中のリスクを軽減する

 

ということが報告されたそうです。

チョコレートが、糖尿病、動脈硬化、がん、脳卒中のリスクを軽減する
という理由としては、前述のプロシアニジンには各病気の引き金になる
酸化ストレスを抑える働きがあるためだといいます。


ということは、糖尿病の方や予備軍の方はチョコレートを食べればいい
ということなのでは!?


と、思ったのですが、これは決して誤解してはいけません。


この効果があるのはあくまでもカカオ豆やパウダーのことですから、
一般に売られている甘いタイプのチョコレートでは、砂糖や甘味料が
たくさん含まれているのでかえって危険です。


これと同じような食品で、コーヒーにも健康を促進する効果があります。

でもこれも、ブラックコーヒーで飲んだ場合の話です。


糖尿病が心配な方でどうしてもチョコレートを食べたい方は、糖分が
控えめで、「カカオ70%」以上のものを選び、本当に本当にほんの少し
だけをゆっくりと長い時間をかけて食べるようにするべきです。

糖尿病が発症している方は、医師に相談してから食べるようにしましょう。

 

【関連記事】
食事のポイントなど
糖尿病 初期症状 食事 改善に関する記事まとめ




スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました



Copyright © 糖尿病 初期症状 食事 改善 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
アメリカドラマ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます